FC2ブログ

高校時代

私の高校時代についてお話します。なぜか今日は仕事中に高校の時の記憶がちらちらと頭の中をよぎって、まあ大変でしたよ。というのも私の高校生活というのはあまり楽しい思い出がないもので、いやむしろ悲くて切なくて哀れな思い出で溢れていて、それでどうでしょう。こんな種類の思い出が仕事中に思い出されたらたまったもんじゃないですよ!涙を流しながら仕事をするわけにもいきますまい。いや!別にひどい虐めを受けていたというわけではないですよ。ただ自分が思い描いていた高校生活と実際のそれがあまりにもかけ離れていたのでそれにショックを受けただけです。月日が経ち、そして今となってそのショックが悲しみや後悔、嫉妬など様々な感情に分かれたのです。チッ!前置きはもういい!それでは今から順を追って書いていきます。


入学式、それはもう不安で不安で前日は一睡もできなかったほどです。中学のときよりも不安は大きかったです。なぜなら生徒ががらりと変わりますから。中学のころはせいぜい3つの小学校から生徒が集まっていましたが、やはり入試があるのでその分多くの学校から生徒が来て、ということは自分と同じ出身中学の人が少ないということですから、まあつまり今までの人生で最も環境が大きく変わったのです。環境が大きく変わると体調も大きく変わります。いやあ、こんなに入学する前から苦しんでいた高校生っていたんでしょうか?しかもその苦しみだって誰かに受けたわけじゃなくて、勝手に自分で作り出して勝手に自分で苦しんでるんですから!私が考えていたことは、とにかく仲間を作る、つまり友達を作ることです。これは多くの高校生がそうだと思いますが、私の場合はとくに切羽詰まっていました。しかし私には中学時代に学んだある戦略がありました。それは自分と似た雰囲気の人を探し出し、その人に声をかけるという至って普通の方法です。やはりこの正攻法がベストですよ!ただ自分と近い人間を見抜かなければなりません。これが重要です。これを間違えると歯車が狂いかねません!友達作りにも時期がありますから!そして私は成功しました!初日の昼休み、同じクラスの二人に声をかけました。そりゃあその日の会話はぎこちないものでしたが、徐々に楽しいものに変わっていきましたよ!いやあ、この時の安堵感といったら!皆さん!ここまでは順調でしょう!へへっ!これから先どうなるんだろうなあ!楽しみだ!


部活ですね。高校生活といったら。私は前から興味があったテニス部に入ることに決めていました。そして授業が終わると、テニスコート前に見学に行きました。そこには同じ一年生であろう人たちが5、6人集まっていました。私もさりげなくその集団に近づいて行って、しかし決して話しかけずに、ただ俺は見学に来ているんだよという様子で、ただウロウロしていました。すると一人が私に話しかけてきました。その男の特徴を言うとすると、私の性格的な特徴を全て逆さにしたらその男の完成です。非常に社交的で傍から見ていたらハラハラするぐらい他人に積極的です。しかも最終的にこの男とは仲良くなるんですから。まあその友情も高校時代で終了ですがね。いつだってそうです。私の友情は期限付きなんです!期限を決める権利は向こうが持っています!ただ自分とは正反対な人と仲良くなれるなんて思ってもいなかったので驚きました。だって今までは自分と近い人としか接していなかったわけですから。「なんだ!君は人間関係で重要なことをちゃんと学んでいるじゃないか。」と言われるかもしれませんが、これから先この教訓が生かされることはありません。10年後には自分の殻に閉じこもって意味不明のブログを書いている男になっていますよ。

そして私はテニス部に入りました。この部活は顧問の先生が形式上存在していただけで、練習にはちっとも顔を出さないもんですから、大学のサークルみたいなもんでした。なので部活自体はそんなに苦しい思いはしませんでした。ただ三年目だけは別でした。三年生になったときに顧問の先生が変わり、しかもそれが体育会系なんです。テニスの経験はないのでより面倒です!とにかく精神論をぶつけてくる先生で、これは肉体的疲労に勝る疲労を与えてくれましたよ。あ!テニス部の人間関係について話します。重要ですからね!これに関しても実はうまくいってました。メンバーの個性のバランスが妙にマッチしていたといいますか、なぜか良い雰囲気でしたね。平和的でした!もちろんイケイケ風の男たちもいましたが、私のような地味なタイプにも理解があるような、というよりもそういう下らん境界線を気にするようなタイプではなかったですね(私は気になりますが!下らん男です!)ただ三年目の高体連、これが酷かった。レギュラーにぎりぎり選ばれたんです。それで隣町へ一泊二日で行くことになったのです。レギュラーメンバーは全員イケイケ風です。なのでなんとなく空気のようでした。いやもちろん先ほど言った通り向こうも常識のある連中ですから、俺をバカにしたり無視したりなんかしませんが、それでもなにか距離があって、普段あまり話すメンバーでもなかったですし(普段は自分と近い人たち、反イケイケ風のメンバーと話すことが多かった)それで移動中のバスでもほとんど話せませんでした。そしていよいよ会場に。ここからが地獄です。周りはテニスのうまい連中ばかりです。昔からテニスをしていた連中ばかりです。なので他校にも知り合いがたくさんいるんです。それに加え社交的ですから、つまり部活のメンバーで固まっていることはなく、それぞれ自分の知り合いのところへ行ってしまったのです。私はひとり置いてけぼりです。会場はテニスコートが10面ほど、体育館のような施設や受付会場もあるような、かなり広い運動公園のような場所です。そこに一日一人で過ごすというのは、辛いものがありますよ。しかも私は補欠ですから試合には出ません。ただブラブラ歩いているだけです。もうとにかく歩き続けるしかないと思って、会場の周りをひたすら日が暮れるまで8時間も9時間も歩き続けましたよ!汗がダラダラです!(団体戦は早々に負けましたから、あと個人戦です。私は個人戦は予選負けなのでなし。ひたすら自由時間!)途中で自分はなにをしているのか、そもそもこれは何の時間なのかわからなくなりましたよ!こんな妙な高校生活ってあるんでしょうか?汗の中に涙が混じっていたとしてもおかしくありません!

学校生活のほうに戻りましょうか。こっちのほうは全体的に酷かったですね。とくに二年、三年、ここが苦しい期間でした。一年目は先ほど言った通り友達が二人いましたから、楽しく過ごせましたが、皆さん、そうです、クラス替えですよ!いやその前に一年目の思い出からいこうか。しかし一つずつエピソードをあげていったらキリがないし、いやそれこそ一冊の本になってしまうので一番記憶に残っているものを話しましょう。体育祭です。私は運動音痴ですので、ことごとく失敗するわけですが、いやそれなら他にもそういう人はたくさんいるだろう?そうです。ただ問題なのは私のメンタルの弱さと運の悪さ、この二つです。なので大事な場面で凡ミス、勝敗を決める大事な場面で私がサーブを打つ番になるのです。そしてクラスのメンバーからの冷ややかな視線。しらけた空気。これが一番頭にこびり付いている思い出です。取りたくても取れません。そしてクラス替え。二年になるとクラスのメンバーががらりと変わります。もちろん仲良くしていた二人もいないし、テニス部で仲良くしていたメンバーもいない。そして周りはというと、俺意外はみんな家族であるかのような仲の良さで頭が吹っ飛ぶほど驚きました。しかもクラス替え当日はまるで十年ぶりの再会とでもいうような感じで完全に取り残されてました。どうやら俺意外はみんさ知り合いらしいな。まさか!そんなことってあるか!これほどまでに私と彼らの間にはコミュニケーション力に差があったんですね。みんな一年の間に知り合いがたくさんできたんです。私はひとりの男と仲良くなりますが、仲良くなったというよりはその男は俺を終始バカにしているような感じで、とにかく言いなりにできそうなやつを選んで、そいつといることで自分を独りぼっちに見えないようにしよう、こんな考えが見え透いていました。実際、昼休みにその男と二人で昼食を食べるのですが、チャンスがあれば弁当を机に置いたまま他の人たちのところへ話に行ってしまうのです。すると私はみんながワイワイ楽しく喋っている賑やかな教室の中で一人で食事をしている、こういう状態ができてしまうのです。私はそんなことを少しも気にしてないよという風に視線を弁当から離さず無表情で食べ続けますが、内心は泣いています。二年生のときは終始こんな感じでした。ただ時間が過ぎるのを待つばかり、そんな一年間でした。


三年生になってある変化が起きます。だんだんと周りの人たちと話すようになってきたのです。そしてある4人組のメンバーと仲良くなっていきました。ああ、孤独な一年を乗り越えて俺はやっと報われたぞ!神様!心の中はまさにこうでした。そしてその頃はとても重要な時期でした。修学旅行です。そしてその内容の中にグループ行動があって、グループを作らなければならなかったのです。神様はこれを心配して俺にあの4人組を近づけてくれたんだ!心の中はお祭りです。神様への感謝の気持ちであふれかえっていました。だってこれ以上ないくらいのタイミングなんですもの!そしてグループはその4人と私の計5人になりました。そして私の気持ちは修学旅行の期待へと変わっていきました。幸せな時間でした。

高校生にもなるとある程度マナーや常識を覚えてきて、ときには社交辞令なんかも言うし、気を遣って自分の本心を隠し相手を傷つけないような言動をするようになるもんです。しかし、ふとしたときに本心が見え、現実を突きつけられることもあります。それは修学旅行の二日目でした。グループ行動で観光地を歩いていて、ある建物に入るとエレベーターがあって、どうやらそれはちょっとしたアトラクションになっていて、上に昇って1分ほどしてまた降りてくる、その間にいろんな景色が見れるといったようなものだった気がします。しかしそれは4人用でした。そして数秒後には俺はエレベーターの入り口の前で一人ぽつんと立っていました。なんの話し合いもなく、まるで前から答えは決まっていましたと言わんばかりで、頭が悲しみについていけませんでした。唖然としていました。そして4人が降りてくると、次は俺の番、なんと一人でエレベーターに乗りなと言うのです!言われるがままに乗りましたよ!一人で!どんな心境だったか想像つきますか!もうありとあらゆる悲しみがごちゃ混ぜになって頭の中をぐるぐる回って吐きそうになりましたよ!その日は寝れませんでした。言うまでもありませんね。

長くなってしまったのでこの辺で切り上げます。まったく!次から次へとエピソードが出てくる!俺の人生、かえって記憶喪失になったほうが幸せかもしれん。
スポンサーサイト

面白い人生

面白い人生にしたい。一回きりの人生だからな。一度きりの人生でただ飯を得るための仕事をして家に帰って明日になればまた飯のための仕事。まるで生きるために生きてるみたいだ。つまり人間はなぜ生きるのか?この哲学的な問題の答えは、「生きるため」、こういうことだ。いや、生きる、というと強くたくましく生きるという意味に聞こえるが、この飯のための仕事を繰り返す人生は、このタイプの人生を生きるの「生きる」はただ生命を維持しているという意味のように思える。こんな人生ってあるだろうか?しかし世間はこう反論するだろう。「君、世の中には生きたくても生きれない人がいるんだよ。君の悩みはただの甘えだ。」確かに!まったく確かに!一理あるな!よし!自分より不幸な人間を片端から探し出して、それで「お!俺はこいつらに比べたら幸福だぞ!お!こいつらは明日の飯も食えるかわからんみたいだ!かわいそうに!こいつらに比べたら俺のそれはまるで王様の生活!俺は幸せもんだ!」こういう考えを取り入れろ、こういうことだな?人の不幸は蜜の味ってやつか!たしかに効果はあるな。この文化は日本社会にも根付いてるしな。マウンティングなんて呼ばれているらしいじゃない!既婚者が独身者を遠回りに挑発して優越感に浸るとかが良い例だ!ならば世界の中で不幸な人間を下から数えていって、その人らと比べたらより大きな幸福感が得られるはずじゃないか!そんな日本の中の飯が食えている人らと比べるんじゃなくてさ。こういうことだ。世界の不幸な人間を引き合いに出す連中が言いたいのは。まったく!

理不尽な話

今日はちょいと学生時代の話でもしよう。中学一年生のときの話。同じクラスの子に「吉田先生が呼んでるぜ」と言われたので、その先生のとこへ行って話しかけるとその先生が大激怒。「そいつを呼んで来い!」この時に俺はその子が悪ふざけをしたのだと察した。まったくの嘘をついて俺と先生をからかった!しかし先生がこんなに怒るとは思ってもいなかっただろう。ざまあみろ!その時の俺の心の中はこんな感じ。その子を先生のとこへ連れて行って、先生に向かって俺ら二人が並んでいる状況。すると先生がその子の頭を拳骨で上から殴った!ざまあみろ!次の瞬間、ゴツン!俺の頭に衝撃。一瞬なにが起きたかわからなかったが、どうやら俺も殴られたらしい。なるほど。ってえええっ!!俺も殴られた!あまりにも衝撃的だったから、つまり精神的に衝撃的だったので、その後の説教の言葉はまったく頭に入ってこなかった。おそらく俺もグルになって先生をからかった、とみられたのだろう。しかし本当に予想外だったので、その分ショックも大きかったし、それにその時に「いや、先生違うんです」と言い返すことができなかったのが悔しい、というより情けない。こんなエピソードだったら1000個ぐらいありますぜ!へっ!俺の学生時代はこんな話の積み重ね、まったく!楽しいねえ。後から思い出すとね。当時は傷ついたんだから。まだ俺も子供だったんだし、学校は楽しいところだと思い込んでいたし、辛い経験に対する耐性もない、自分を励ますように心をコントロールすることもできなかった。(今は心の自己防衛術たるものを頭にたくさん仕込んでありますからねえ!長年の成果!)こういう経験も少しは役に立つ。傷つくと心に残るから、これから自分がなにか言葉を発したり行動を起こすときに、その傷ついた経験を思い出して、「今からする俺の言動は相手にとってどうだろう?あの時と状況が似ているだろうか?」と予測する力がつきますよ。予測にも情報が必要ですから。経験は一番の情報になります。まあこんぐらいですよ。学生時代は楽しい思いをたくさんしたほうがいいに決まっています。今の子供たちには学校で楽しい思い出をどんどん作ってほしいですね。

ハチミツは活力剤

こんにちは!アンディです。朝にスプーン一杯のハチミツを食べるのが最近の習慣です。元気出ますよ!午前中は元気に動けるような気がします!ハチミツというのは歴史が長く、「ハチミツの歴史は人類の歴史」という言葉があるほどで、紀元前2500年頃に壺型の土器に蜂蜜が入れられていた痕跡が発見されたとか!昔から薬として使われていて、健康に様々な効果があると信じられてきたようです。ということで俺も信じることにしました。だって何千年もの歴史があるんですから!時には科学的根拠よりも、その効果を保証するものかもしれませんよ!そういやゴマも古くから体に良いとされてきたみたいで、特に美容効果、あのクレオパトラがよく使っていたという。この古くからの言い伝えってやつは、よく当たるもんですよ!ただスーパーで安く売っているのは、水あめが多く入っていたりしますから、少し高めの国産の純粋なハチミツがおすすめです。ハチミツパワーでこの猛暑を乗り越えましょうや!

【悲劇】旅行中止

旅行中止です。以前から言っていた岩手県へ旅行に行くという話は忘れてください。行けなくなりました。実家の手伝いをしなければならなくなったのです。実家は自営業で、今は人手が少ないそうです。旅行に行く予定があるんだけど…と頑張って言いましたが俺の意見は通りませんでした。仕方がありません。今まで生きてこれたのは親のおかげですから。屋根の下で飯が食えたのは親のおかげです。はあ。なんか冷めてしまいましたよ。旅行!ふん!くだらん!旅行なんて金と時間と労力だけ消費して、それで手に入るのは少しばかりの感動と大きな疲労、割に合いません!その感動だって一週間後には消えていますよ!そうに決まっています!いやあ逆に親に感謝です!それに金だっていくらもありません。なのになんだって俺は旅行に行こうとしているんでしょう?親がやっとローンを払い終わってこれから貯蓄をためていかねばという時になんだって俺はのんきに旅行に行こうとしているのでしょう?身の丈に合った生活をしなければなりません。金がないのなら、つつましく暮らしていかねばなりません。よし!そうしよう!旅行を楽しみにしてしまったら金がいくらあっても足りませんや!小岩井農場?くだらん!ただの農場だろ?農場でとれた新鮮な食材、ジンギスカンにアイスクリームか、ふむ、美味しそうだ、それに一面に広がる大自然、見てみたい…いや!いや!だめだ!旅行なんてくだらん!旅行なんてくだらん!旅行なんてくだらん!もう寝る!

絵!

絵に興味を持ち始めている。今日の朝、絵を描こうかなと不意に思った。そしてその気持ちが一日消えることなくこの時間まで続いている。これはどうだろう?ひとつやってみようか!まずはデッサンからかな?ノートと鉛筆さえあればできるぞ!俺は一時期ゴッホやミレーの絵に夢中になったことがあったけど、ああいう絵が描けたらいいな。農民を描きたい。労働者を描きたい。気持ちは十分にあるからあとは技術だな。なあに時間はたっぷりあるさ。しかしこの気持ちはいつまで続くかな?明日にはきれいさっぱりなくなっているかもしれんぞ。ちっ!かまうもんか!命を取られるわけじゃない!(これは俺が一時期ハマった文句で、よく何かで悩んでいる時にこれを使ったもんだ。効果は保証するぜ)損するものはノートと鉛筆だけだ!絵を描くことの魅力は世界で一つだけの作品を作れることですよ!自分が創り出した完全オリジナルの世界で唯一の作品!本を読む、映画を見るだけでは、そういう楽しみは味わえません。なにかオリジナルな作品を自分で創り出したいですね。絵を描くことはまさにその快感を得ることができる方法です。絵をみるのも好きです。上野に行くと必ず美術館に寄ります。それにしても上野は楽しい街ですよね。上野動物園や美術館がある辺りは最高に最高ですよ。俺のために作られたかのような場所です。上野!いやあ本当に好きだねえ。

表情の技術

表情が与える印象は思ったより大きい、と気づきました。自分は常に無表情です。でも多くの人がそうだろう。いや例えば人と話しているときに無表情だとまずい。少し顔を和らげないと向こうの気分を害するぞ!それと無表情にも種類があって、それによって相手の印象もがらりと変わる、つまり人によって無表情の種類が違う(顔が違いますからね!)ので人によって無表情でいるときに相手に与える印象が違うということだ。俺の無表情は相手の気分を大きく害するらしいぞ!データは25年分たっぷりありますぜ!これは間違いないねえ。なので俺はもう少し表情のコントロールをしないといけない。トレーニングが必要だ。けっこう難しいからな。少し顔の筋肉を動かしただけで、まったく違う顔になっちまう。すると相手の印象も大きく変わる(大抵は悪いほうに)これはけっこう重要だ!女優や俳優の顔なら無表情でも、それを見んために金を出す人間もいるぐらいだが、俺のときたら金をもらっても見たくないという代物。顔を取り換えるわけにもいきませんからね!へへっ!取り換えれたら実に楽しいだろうな。そうなりゃあ俺は明日からトム・クルーズだ!しかし最近暑いですね。もはや熱いです。そんな感覚です。水分、塩分補給!旅行前に倒れちゃあたまらん!みなさん!熱中症にならんようテキトーに仕事頑張りましょう!テキトーに!

落花生

最近、落花生にハマっています。美味しいです。俺はなにかハマってしまうと、そればかりに集中してしまう癖がありまして。この場合は落花生ばかり食べてしまうということになるのですが、まあ体にはよくないでしょう。どんなに体に良い食べ物でもそればかり食べていたら毒です!多分!豆腐もいいですね。豆腐の素晴らしい点は栄養満点で調理が簡単で(冷奴とか!)安いところです。安月給の味方です!それと納豆!あまりにも質素な食生活で皆さんの同情を買ってしまうでしょうか?しかし毎日おいしいものばかり食べていたら体が肥えてしまいますよ!一度食べたら止まらなくなって、それこそ豚や牛のように与えられるだけ食べ続けて、しまいには豚や牛になってしまいます。恐ろしいもんです。(ちっ!冷静に分析なんかやって、自分は理性的な人間だと言わんばかりだが、もしもお前も経済的に豊かならそれと同じようになるくせに!)

落花生の話に戻しましょうよ!落花生は殻を取らないといけないので、そこまで食べすぎにはなりません。やはり少し面倒な作業がはいると、手が止まりますね、人間って単純!(いや、これは俺だけだろうか…)ピーナッツやアーモンドを一袋食べたらけっこうなカロリーですよ。まあカロリーの概念自体あやしいもんですがね。(ほう!一丁前に評論家気取りか!疑いの目で見る。これが科学的態度ってやつだ!)それにしても腹が鳴り止みません。もう寝ます!寝れば空腹も夢の中!最近ろくな夢を見ないのはこのせいかしら?せめて夢の中でぐらい楽しい思いをしたいもんだ!今日なんて、朝ベットから起きて車で会社に向かう、こんな夢を見ましたよ。ややこしいったら!もっと夢のある夢を見れますように!頼むぜ神様!

旅行!旅行!

私が計画していた岩手県への旅行、以前記事にも書いたんですけれど、その旅行まであと二週間です!二週間といえばあっという間です。ついこの前まで小学生だったような気がしますもの。それにしても二週間まえからブログに書くなんて君はほかに楽しみはないのか、皆さんの頭に浮かんでいるこの質問にまずはお答えしましょう。ないです!以上!いやこの旅行があまりにも輝きすぎていて、たとえ他に楽しみがあってもそれが目立たないものになってしまいますよ。まあいいじゃないですか。一つも楽しみがないというわけではないのですから。旅行という大きな楽しみがあるんですから。それにしてもまだ宿泊先を決めておりません。盛岡駅を拠点にしようと考えていますので、駅周辺のホテルにしようかと思います。ホテルもいくつか調べましたが、朝食バイキング!私は「朝食バイキング」という文字を見ただけで興奮してしまいます!安い男です!いやあ好きですね。あの魅力はなんでしょう。うん!考えてみよう。当日、朝食バイキングを目の前にしたときに考えてみよう!

旅行ということで当然費用もけっこうかかるわけですから、最近の生活は質素なものです。必要最低限度の食事です。でもそのほうが体の調子はいいですね。これは一石二鳥!もちろん当日は食費を惜しみません。いっぱい食べますよ。一日目の夜はホテル近くの居酒屋でも行こうか?これはワクワクです!駅前なら沢山あるでしょう。ああ!こんな空想をしていたらお腹が減ってきましたよ。ちょっと今お茶を飲みます。よし。お茶はいいですよ。満足感があります。太らないし体にもいいですからね。

今調べていて気付いたんですが、盛岡より南に平泉や花巻温泉があるんですね。なので一日目に盛岡に向かう途中で平泉、花巻温泉と寄って、夜に盛岡駅近くのホテルに着くという予定でいきましょうか。今回のメインは小岩井農場なんで!盛岡駅から近くなんです!とりあえずこの流れを軸にしましょう。世界遺産!温泉楽しみ!この楽しみを胸にしまって二週間仕事を乗り切ります。

友達の歌

あいつは友達、友達、友達


友達いっぱい、安心、安心


皆は笑顔で、笑いが絶えない


俺も笑う、俺も仲間だ


年をとって知恵がつくと、皆の笑顔が、笑顔に見えない


疑心暗鬼は不幸の始まり、ポジティブ野郎の言葉を信じ


やっぱり俺は友達いっぱい、幸せいっぱい、安心、安心


目に見えるものが真実で、頭の想像、しょせん想像


修学旅行は楽しみだ、なぜなら俺は友達いっぱい


ふとした時に垣間見た、現実、残酷、しかし真実


5人のグループ、4人の乗り物、そして俺は傍観者


瞬時に決断、あっさり決断、皆の中で決まってた


空想に走る今の俺、可哀想な過去の俺


空想が俺を慰める、現実世界は決して見るな!