FC2ブログ

夏祭りについて再び

先日夏祭りについての記事を書いたけれど、またしてもそれについて書く。たとえ一人でも夏祭りに行く、意地でも行ってやるぜ、という話だったと思う。というのも家で一人でいても、つまらないからだ。ネットサーフィンやTVや読書とは、まったく違った楽しさが、ああいったイベント、夏祭りなどにはある。インドア的な過ごし方も楽しいけれど、そればかりではどんなものでも飽きるよということだ。多くの人はこういったイベントは一人で行っても楽しめない、それどころか一人でいるのを見られて恥ずかしいと思っているだろうが、果たして本当にそうだろうか?これは意識のコントロールの問題で、自分の意識を祭りの雰囲気、屋台、飾りつけ、花火に集中させれば、それらの問題は解決される。なので夏祭りというのは意識のコントロールの練習には最適である!それに夏祭りにおいては、一人でいることなど全く目立たないだろう。木を隠すなら森の中。孤独を隠すなら人混みに飛び込め。花火大会、七夕祭り、盆踊り、これら全部に参加してやる!自転車でも用意しとくか。車では身動きがとれんぐらい混雑するからな。戦いには武器が必要さ!しかしこの気持ちは、あとどれだけ保てるだろうか?夏祭り当日のころには、すっかり消え去って結局アパートの狭い部屋で一人、時間を浪費して、そしてあっという間に夏が終わる。目に見えてる。なぜならこれを何回となく繰り返してきたから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント