FC2ブログ

面白い人生

面白い人生にしたい。一回きりの人生だからな。一度きりの人生でただ飯を得るための仕事をして家に帰って明日になればまた飯のための仕事。まるで生きるために生きてるみたいだ。つまり人間はなぜ生きるのか?この哲学的な問題の答えは、「生きるため」、こういうことだ。いや、生きる、というと強くたくましく生きるという意味に聞こえるが、この飯のための仕事を繰り返す人生は、このタイプの人生を生きるの「生きる」はただ生命を維持しているという意味のように思える。こんな人生ってあるだろうか?しかし世間はこう反論するだろう。「君、世の中には生きたくても生きれない人がいるんだよ。君の悩みはただの甘えだ。」確かに!まったく確かに!一理あるな!よし!自分より不幸な人間を片端から探し出して、それで「お!俺はこいつらに比べたら幸福だぞ!お!こいつらは明日の飯も食えるかわからんみたいだ!かわいそうに!こいつらに比べたら俺のそれはまるで王様の生活!俺は幸せもんだ!」こういう考えを取り入れろ、こういうことだな?人の不幸は蜜の味ってやつか!たしかに効果はあるな。この文化は日本社会にも根付いてるしな。マウンティングなんて呼ばれているらしいじゃない!既婚者が独身者を遠回りに挑発して優越感に浸るとかが良い例だ!ならば世界の中で不幸な人間を下から数えていって、その人らと比べたらより大きな幸福感が得られるはずじゃないか!そんな日本の中の飯が食えている人らと比べるんじゃなくてさ。こういうことだ。世界の不幸な人間を引き合いに出す連中が言いたいのは。まったく!
スポンサーサイト

コメント

世の不幸

自分より不幸な人を見て、

「良かった良かった、自分はこいつよりずっと幸せだ」と思う人も居ますね。

「ひどいなあ、何とかしてやれないのか?」と思う人も居ます。

前者が過半数だと世界は不幸なまま。
後者が過半数だと世界はいずれ福祉国家になるでしょう。

「宇宙が全体幸福にならなければ、
 個人の幸いはありえない」

そう言ったのは宮沢賢治。

究極の善意の人でしたね。
他人の不幸や貧しさを見て居られずに、
自分が結核で死ぬまで頑張ったあげく、
37歳で死んでしまったのですから。

No title

おもしろすぎ
アンディ氏は短編小説とか得意そう

Re: 世の不幸

狐狸尾じいさん、コメントありがとうございます。
自分もそうなりたいですね。自己犠牲に徹した生き方。本当に素晴らしいと思います。

Re: No title

通りすがりさん、コメントありがとうございます。
褒められるのって気持ちがいいですね!本当に!生きる力が湧いてきます。
非公開コメント